公益財団法人日本書道教育学会

今月の課題

不二誌2018年10月号の課題を掲載いたします。
お手本はそれぞれの不二誌をご覧ください。

不二誌10月号 競書課題

初級版

半紙 幼年・一年生 ヤマ
二年生 ぶどう
三年生 台風
硬筆 幼年 こうよう
モミジがり
一年生 うんどうかい
玉ころがし
二年生 田んぼのいなほが金色にかがやく。
三年生 湖でボートにのって遊びました。
条幅 幼・一年生 のやま
二年生 草ぶえ
三年生 山歩き

上級版

半紙 四年生 国立公園
五年生 漁夫の利
六年生 仮装行列
硬筆 四年 千里の道も一歩から石の上にも三年
五年生 百聞は一見にしかず失敗は成功のもと
六年生 天高く馬肥ゆる秋すみわたる青い空
条幅 四年生 茶の湯
五年生 行進曲
六年生 秋祭り

中高版

漢字半紙 五段~誌友 歸客千里至
初段~四段 芭蕉曽良
10級~1級 楊貴妃
かな半紙 五段~誌友 千早振神代も支可須多つた可は可ら久礼なゐ尓水久ゝると盤
初段~四段 硝子のい越おとろきぬけさの秋
10級~1級 者尓本登 利里可多 曽那奈奈
漢字条幅 初段~誌友 去國魂已遠
10級~1級 薄紅葉
かな条幅 10級~誌友 こほろ幾や古本んつ三し万く羅毛と
新和様 初段~八段 芸は道によって賢し
10級~1級 こしらへて案山子負ひ行く山路哉
ペン 初段~八段 俺は三年間学問はしたが、実をいうと、教師になる気も、田舎へ行く考えもなにもなかった。
10級~1級 三代の栄耀一睡のうちにして、大門の跡は一里こなたにあり。
日常の文字を書こう! 琵琶湖畔には、中国の洞庭湖の瀟湘八景になぞらえて選ばれた近江八景など、景勝の地が多い

一般版

漢字半紙 準六段~会友 楚客以為紐
準初段〜五段 菜重芥薑
5級〜1級 唯歐書勁快
10級〜6級 菜重芥薑
かな半紙 準六段~会友 くれなゐのの花のふくだみてしどろになりつ清きかがやき
準初段〜五段 きみかよはかきりもあらしなかはまのいさこのかすはよみつくすとも
これは仁和の御贄のいせのくにのうた 大伴黒主
5級〜1級 与露都餘耳閑波良奴者奈乃以呂難禮盤 移川麗濃安幾我起身駕微差羅無
10級〜6級 ねて ゐの 阿ら あ利 那と 尓は よろ らて そつ
新和様半紙 準六段~会友 砂山の砂にひのいたみをくおもひづる日
準初段〜五段 すつきりと酔ひのさめたる心地よさよ夜中に起きて墨を磨るかな
10級〜1級 月さして獣のごとく靴竝ぶ
漢字条幅 準六段~会友 癸丑暮春初
準初段〜五段 泛々五湖霜気淸 漫々不辨水天形
10級〜1級 初秋涼氣發
かな条幅 準六段~会友 み吉野の山の秋風さ夜更けて故郷寒く衣うつなり
準初段〜五段 荻の葉に吹けば嵐の秋なるを待ちける夜半のさをしかの聲
10級〜1級 月光となりてゐたりし黄金虫
新和様条幅 準六段~会友 北斎の天をうつ波なだれ落ちたちまち不二は消えてけるかも
準初段〜五段 相模の秋おち葉する日の友が妻わすられぬ子に似てうつくしき
実用書 群馬 前橋 安中 伊勢崎
桐生  埼玉 浦和 大宮
川越 熊谷  千葉 市川
木更津 佐倉 成田
細字研究室 10級〜2級 延命十句観音経
 観世音 南無佛 與佛有因 與佛有縁 佛法僧縁 常楽我浄
 朝念観世音 暮念観世音 念念従心起 念念不離心
篆刻 規定 雅通
随意 (好きな語句)
一字書 規定
随意

ぺんの力

基礎コース 規定課題 初段〜五段 少年は、島から目が離せなくなった。無意識に拳を握りしめ、頑張れ、頑張れ、と小さな声を立てた。
5級〜1級 手紙が来ないのは無事な証拠であるから、安心していてよい。
10級〜6級 稲刈 胡桃 松茸 秋祭 らっかせい もみじがり
専攻コース 六段〜会友 運百福而長今。妙道凝玄。遵之莫知其際。法流湛寂。挹之莫測其源。故知蠢蠢凡愚。區區庸鄙。
初段〜五段 「論語」は、中国古代の思想家・孔子とその弟子たちの言行録である。弟子たちは師の言葉を励ましとして、あるいは戒めとして、よりどころにしてきたことだろう。
5級〜1級 白玉の歯にしみとほる秋の夜の酒はしづかに飲むべかりけり
10級〜6級 漢國山河在 秦陵草樹深
随意課題 写経研究室 延命十句
つけペン 小鳥来る音うれしさよ板びさし
筆ペン 動物愛護パネル展
皆さまから寄せられた可愛いペットの写真を展示します
日時 10月1日(月)〜5日(金)
   午前10時〜午後5時
場所 区役所1階区民ホール
※ 期間中の午後1時半〜3時に獣医師によるペット相談会を開催します。
主催 大田区衛生環境課
ボールペン 先日は大変お世話になりました 初めての稲刈りでしたが ハザ掛けまで体験出来てお手伝いというよりすっかり楽しんで帰ってきました 来年も予定を空けておきますので ご連絡くださいますようお願い申しあげます
〒354−0004
富士見市下南畑一―六七―九
鎌越津賀夫様
板橋区舟渡五―二〇―四
土師愛輝
〒174−0041
専攻コース
(会友〜初段)
つけペン
編みさしの赤き毛糸にしみじみと
針を刺す時こほろぎの鳴く
専攻コース
(会友〜初段)
筆ペン
 ふれあいロビーコンサート
 お昼のひととき、どなたでも生演奏を楽しめます
日  時 十月二十三日(火)
     午後〇時半〜一時
会  場 市役所一階市民ホール
出  演 武蔵原音楽大学吹奏楽部
曲  目 ニューシネマ・パラダイスほか
申込み 直接会場へ(椅子を五十席程用意します)
主  催 昭島市サービス管理課
専攻コース
(会友〜初段)
ボールペン
良寛書簡は線質の老蒼、渋勁、布置の妙と統一の美、しかも筆者の感動は全幅に満ちて、生き生きしている。とくに尺牘のごときはすばらしい。彼の書に往々脱字があるのは、感動の激情が運筆のリズムに伴い、純粋に芸術に陶酔できたからではなかろうか。