公益財団法人日本書道教育学会

今月の課題

不二誌2021年9月号の課題を掲載いたします。
お手本はそれぞれの不二誌をご覧ください。

不二誌9月号 競書課題

初級版

半紙 幼年・一年生 クリ
二年生 モミジ
三年生 秋分
硬筆 幼年 ウサギ
おつきみ
一年生 コオロギ
虫のこえ
二年生 秋の夕ぐれ
のぼる月
三年生 風にのって 笛の
音が聞こえる
条幅 幼・一年生 かえで
二年生 夕やけ
三年生 木の実

上級版

半紙 四年生 実りの秋
五年生 日本列島
六年生 創意工夫
硬筆 四年 合唱コンクールに向けて
練習します
五年生 田んぼのイネが 豊かに
実っている
六年生 敬老の日 祖父母へ手紙
を送りました
条幅 四年生 光る星
五年生 秋晴れ
六年生 赤富士

中高版

漢字半紙 誌友~五段 萬國博覧會
四段~初段 文化勲章
1~10級 蔵屋敷
かな半紙 誌友~五段 秋盤来ぬとしもな可は尓過ぬとやお支ふ久風の於とろ可春ら舞
四段~初段 瀬をはやみ い者尓せ可るゝ 多支川の われてもすゑ二 阿者無と所おもふ
1~10級 能於末万 介阿佐支 遊三志毛
漢字条幅 誌友~初段 爽 風
1~10級 天守閣
かな条幅 誌友~10級 遅れゐし 雁於ひつきし 湖の空
新和様 八段~初段 勇気のあるところに希望あり
1級~10級 人間は土壇場で強くなる
ペン 八段~初段 遊園地「新世界ルナパーク」が誕生し、エッフェル塔を真似た通天閣が建てられたのは、一九一二年(明治45)のことである。
1~10級 現代書展  漢字造型
しんわよう てんらんかい
日常の文字を書こう! 大阪府
大阪市 都島[区] 福島[区] 此花[区] 西[区] 港[区] 大正[区]
天王寺[区] 浪速[区] 淀川[区] 東成[区] 生野[区] 旭[区] 城東[区]
阿倍野[区] 住吉[区] 鶴見[区] 住之江[区] 平野[区] 中央[区]
堺市 中[区] 南[区] 北[区] 美原[区] 岸和田[市] 泉大津[市]
豊中[市] 池田[市] 吹田[市] 高槻[市] 貝塚[市] 守口[市] 枚方[市]
茨木[市] 八尾[市] 泉佐野[市] 富田林[市] 寝屋川[市] 松原[市]
河内長野[市] 大東[市] 和泉[市] 箕面[市] 柏原[市] 羽曳野[市]
門真[市] 摂津[市] 髙石[市] 藤井寺[市] 交野[市] 四條畷[市]
大阪狭山[市] 豊能[郡・町] 泉北[郡] 泉南[市・郡] 三島[郡] 南河内[郡]
一字書 かな一字書
漢字一字書

一般版

漢字半紙 会友~準六段 浮雲吐明月
五段〜準初段 既集墳典
1級〜5級 亦聚羣英
6級〜10級 千変万化
かな半紙 会友~準六段  祢支こと越さの三きゝ介無やし  ろこそ者ては奈介支のも利とな  るら免       源扶(弼)娘  な介支こる山とした可久な利  ぬれ者つら徒ゑ能三そまつ  都可れ介留
五段〜準初段 つきのお裳しろ可利介る夜/暁方尓よみ介る/きよ者らのふ可や婦 夏夜盤ま堂よひな可らあ介ぬ/流を雲のいつこ尓徒きやとる/覧
1級〜5級 ふきむすふ可せは/む可し能秋な可ら/あ利し尓も尓ぬそ/て能露可那  小町
6級〜10級 とる を久 こみ さけ きゆ 毛ろ ほし はれ ぬふ
新和様半紙 会友~準六段 秋立つは水にかも似る洗はれて思ひことごと新しくなる
五段〜準初段 人を不安にするものは 事柄そのものではなく むしろそれに關する人の考えである
1級〜10級 桔梗活けて寶生流の指南哉
漢字条幅 会友~準六段 秋来只怕雨垂々 甲子無雲万事宜
五段〜準初段 碧水忽開新鏡面 青山都是好屏風
1級〜10級 誰種龜陰田
かな条幅 会友~準六段 吹く風の色こそ見えね高砂の尾の上の松に秋は来にけり
五段〜準初段 八重葎し希れるやとの沙飛し支二 人こ處み盈ね秋は来二け里
1級〜10級 日の左すや杉間二美ゆる可良春瓜
新和様条幅 会友~準六段 この山は落葉松つづきから松に白かんばまじり霧小雨あり
五段〜準初段 慰めを求めもせねど雨寒き秋になりてはうら嘆かしき
実用書 佐藤友理著「美しい手紙」(三多軒発行)より
篆刻 規定 蒲深柳密
随意 (好きな語句)
一字書 規定
随意

ぺんの力

基礎コース 規定課題 五段〜初段 わが国最初の大規模な写経は、現存するものとしては、六八六年の金剛場陀羅尼経が最古である。
1級〜5級 あまり欲張ると、かえって何一つ得られなくなる。
6級〜10級 豊作 彼岸 野分 流星 ふじばかま むしのこえ
専攻コース 会友〜六段 求正敎雙林八水味道飡(餐)風 鹿菀鷲峯瞻奇仰異承至 言於先圣受眞敎於上賢探 賾妙門精窮奧業一乘五律 之衟馳驟於心田八藏三篋
五段〜初段 よきほどにて出で給ひぬれど、なほ事ざまの優におぼえて、物のかくれよりしばし見ゐたるに、妻戸を今少しおしあけて、月見るけしきなり。
1級〜5級 書のうへ畳のすみにかくのごと積れる塵をわれは悪まむ
6級〜10級 語來江色暮 獨自下寒煙
随意課題 写経研究室 般若心経  延命十句観音経
つけペン 椎の樹に月傾きて夜ぞ長き
筆ペン くらしの講座
重曹とクエン酸でらくらくエコ掃除
汚れの性質を見分けて自然素材で家の中をきれいにしましょう
日 時 九月六日(月)午後二時〜四時
会 場 中央公民館 第三会議室
講 師 佐々木紀子氏(シンプル家事研究家)
対 象 市内在住・在勤・在学の方
申込み あきる野市 生涯学習課
(電話五四三–二一六七)
ボールペン 大変ご心配をおかけ致しましたが愛猫ミクが戻りました 捕獲器を教えて頂いたお蔭です 設置してわずか二日での保護となりました 心より御礼を申し上げます 今後とも宜しくご教示願います/〒700−0023/岡山市北区駅前町四−六/葉加瀬伽斗様/丸亀市新田町五−二〇−一/廣井祢己/〒763−0055
専攻コース
(会友〜初段)
つけペン
月見ればちぢに物こそかなしけれわが身ひとつの秋にはあらねど
専攻コース
(会友〜初段)
筆ペン
健康講座「やってみよう、呼吸リハビリ体操!」
息苦しさを和らげる呼吸筋ストレッチや
誤嚥性肺炎の感染予防についても学びます。
日 時 9月16日(木)午後1時半〜3時半
会 場 スマイル王子
対 象 区内在住で、呼吸器の病気がある方とその家族、または関心のある方
講 師 大谷章一氏(作業療法士)
申込み 北区王子すこやか福祉センター
(電話3987-1234)
専攻コース
(会友〜初段)
ボールペン
この二家を貫く思想は、書法の根源を自然に置き、自然と我との融合による自己の内面表現を理想とするものである。書表現の千変万化、自由無碍の表現形式は、造化自然の妙と渾然一体となってこそはじめて、妙境に到達し得るのである。